NFTサイト

NFTサイトはデジタル化した資産を管理・継承するウェブサイトです。 従来の紙媒体・メモリー媒体・クラウドストレージで管理している資産も簡単に融合できます。

新しいブロックチェーンと呼ばれる仕組みを活用することで、【改ざん不可な書類】 【堅牢なセキュリティ】 【長期の書類保管】3つの要素をお届けします。

ブロックチェーンを活用した資産管理

資産管理には 【改ざん不可な書類】【堅牢なセキュリティ】【長期の書類保管】という3つの要素が必要です。従来からの、紙・メモリー媒体・クラウドストレージに比べ、新しいブロックチェーンを活用した NFT※ と呼ばれる仕組みを活用することで、この3つの要素を簡単・安価に達成することが可能です。


弊社では、NFTサイトと呼ばれる ”個人や会社単位でブロックチェーン上のウェブサイト” を作成し資産管理をどこからでも簡単にアクセス出来るようにしております。

※ NFT(非代替トークン) とは、代替が不可能なブロックチェーン上で発行された、送信権が入った唯一無二のデータのこと。 デジタル上での資産の鑑定書や所有証明書としての役割を持っている。

※ 万が一、作成したIT管理会社が消滅しても、NFTサイトはブロックチェーン上に作成された自己管理型システムのため、自分・家族・会社(もしくは会計事務所など)で保管・管理が可能です

資産継承は保有者のアセット管理問題で、家族不和・資産喪失に 30%以上の富裕層が直面すると指摘されておりエキスパートが必要です

解決する問題

  • デジタル資産は紙媒体では管理できない(プリントアウト紙では対応不可)
  • 紙媒体やメモリ媒体は紛失する可能性が大きい
  • クラウドストレージは “不正アクセスや改ざん” が心配
  • ”長期の書類保管” は管理者が必要なクラウドストレージでは難しい
  • もしも、IT管理者が消滅した場合は全てが無くなってしまう
  • 必要に応じて税金・法律・管理・継承などわからないことを相談したい

提供するソリューション

NFTサイトは、1)どこからでもアクセスできるポータル 2)大切な書類を保管するストレージ3)アクセスする鍵 の3つをブロックチェーン上で作成したものです。

NFTサイトを作成すると、下記の手順で資産管理が可能となります。

  1. 資産の在庫管理:アナログ(不動産、通帳、車、宝石、アートなど)と、デジタル(オンライン証券・銀行口座、海外資産、暗号資産など)を表で追加・変更・削除
  2. 書類の保管:権利書、所有証明、鑑定書などを消えないデジタルデータとして保管管理
  3. もしもの時の共有: 資産情報にアクセスできる鍵を自分で管理し、もしもの時の共有を設定

採用技術について

  • ウェブサイトは .nft の拡張子を持つWeb3.0上のMaticでMintされたドメインです
  • NFTの鍵を収納する、ウォレットはCoinBase Walletを採用しております(自己管理型)
  • 書類を保管するストレージは、IPFSを使用しております。(今後AR-Arweaveを併用)
  • 書類の共有は、トークンゲーティング機能付きNFTを活用しています。
  • セキュリティ管理は、プライベートゲートウェイを活用することにより鍵所有者の場所・ワォレット・ゲートウェイ・保有NFTなどにより書類閲覧を制限できます。また、接続ウォレットの安全性監査として、紐づいたメールアドレスのハッキング記録・許可されたアプリの権限チェックと報告を月1回実施しております。

デジタル資産管理のスタート方法

価格の【お問合せボタン】より ”NFTサイト作成希望” と入れて送付ください。弊社担当より返信させていただきます。

作成フローについて

  1. ドメイン(URL)選択(使用メールアドレス要) 
  2. NFTサイトの使用開始 例:fujisawa.nft

※簡単な使用方法(継承管理機能)をオンラインQ&A実施

(オプション)

  • 有料トレーニング
  • プライベートゲートウェイの設定 
  • ハードウェアウォレットの接続 *HW: Trezor
  • シード保管用のツール供給 *SafePal 
  • 既存保有のNFT資産の移動
  • SNSリンクの追加

共同管理による使用について

トークンゲート機能

    • 鍵の共有者にのみ資産管理表が表示されるフォルダーの作成
    • 鍵の共有者に特別は書類を個別共有
    • 鍵の共有者のみが利用できる連絡網の設定

こんなこと可能です!

  • 特許、商標。コピーライト、美術品、コレクターズ・アイテムなどは、電子的に転売された場合は、常に遺族にマージンが入金されるようあらかじめ組み込む

お客様プロファイル(こんな方に最適)

◆ デジタル資産の資産継承が不安

◆ もしもの時の資産継承で、会計士・弁護士などの専門家をあらかじめ決めて管理したい

◆ 会社でデジタル資産を持っているか、その管理プロセスを社内で明確化したい

価格について

価格には下記費用が含まれます。

  1. NFTドメインの取得
  2. NFTドメインのMint費用
  3. プライベートゲートウェイ作成
  4. ブロックチェーン上のストレージ(2GBまで)
  5. 無料トレーニング(鍵を収納するワレット作成アドバイス)

※自己管理型のためヒアリングセッションで作成します

個人向け

サイトの設定のみ
¥ 1,600 月(年契約のみ)
  • データ容量~20GB/月まで
  • プライベート・ゲートウェイ設定
  • ハッキング防止セキュリティ確認
  • 1年間メールサポート

一般向け

基本料金
¥ 9,800 月 (年間契約のみ)
  • データ容量~100GB/月まで
  • 専用プライベート・ゲートウェイ
  • ハッキング防止セキュリティ監視
  • 1年間メール・電話サポート

*上記からNFTドメインを作成された方は、取得NFTドメイン名を必ずこのリンクでご連絡ください

専用のQ&A窓口で行わせていただいております。必要に応じて有料で会計士・弁護士などの専門サポートを受けることも可能です

ウォレット(metamask)はアップル製品のiCloud問題、接続アプリの無制限承認設定などの変更変更をアドバイスします。ギャラリーや交換所などで使用する電子メールがハッキング・ブラックリスト入りしているかをリアルタイム監視します

NFTドメインはUnstoppable Domain社の .nft拡張子を採用しております。ブロックチェーンはL2のMaticです。*ETHへのアップグレード可

IPFSを使用しております。このため大切なNFTのデータを失うことはありません。

Web3のIPFS(分散ストレージ)にプライベートゲートウェイ活用するとアクセスが高速になります。またコンテンツのアクセス制限が可能となります

マルチシグニチャーと呼ばれる、鍵を複数に割ってワレット管理することができます。これにより複数の人が購入や利益の分配が可能です。

ハードウェア・ワレット設定を希望の場合はTrezor社製品を活用できます。Shamir Backupという、鍵を複数に分割し、指定された数の鍵で開錠する仕組みも含め供給可能です。

信頼のグローバルブランドのチームです