シニアが使う勝ち組キャシュレス会社2社とは

シニアが使う勝ち組キャシュレス会社2社とは

キャッシュレス は 現金払いと比較して、1~2%以上は安くより商品を買えます。でもシニアの問題は 1.キャッシュレス方法が多様すぎよくわからない。 2)使える店が分からない。に尽きます。

キャッシュレス は 現金払いと比較して、1~2%以上は安くより商品を買えます。でもシニアの問題は 

  1. キャッシュレス方法が多様すぎよくわからない
  2. 使える店が分からない。に尽きます

経済産業省 キャッシュレスビジョン 平成30年

この複雑さが情報弱者であるシニアが、安く商品を買えない理由であり 政府のキャシュレス戦略の間違いとも指摘されます。ここでは、「キャッシュレス」勝ち組を一早く判断し、2社程度に絞りシンプルにキャッシュレスを使う方法を紹介します

勝ち組 #1

数あるスマートフォン(スマホ)決済アプリの中でも、ひときわ評判の高いPayPay。お勧め度トップ!

セブンイレブンで買い物をしたところ、食料品には軽減税率の8%が適用されるのに加え、そこからさらにキャッシュレスで2%が還元されるため、増税前より安くなりました。

ポイント還元率は1.5%に変更1万円の利用で150円分相当のポイントが付与され、しかも1カ月当たり最大で1万5000ポイントまで適用される(100万円で15000ポイント計算)10月は1周年を記念して5日0時から23時59分までの1日限定で、最大20%還元、50回に1回の確率で全額(10万円相当まで)戻ってくるキャンペーンを開催 

<必ず設定>  PayPayで決済は、ポイントがたまるクレジットードにすること。これにより、クレジットカードのポイントがプラスでたまる。加えて、支払いはクレジットカードの支払いとなるため30日以上の後払いが可能となる

勝ち組 #2

PayPayと並びスマートフォン(スマホ)決済アプリの中で、使用できるお店が多い楽天ペイは勧め度トップ#2

楽天ポイントを貯めたい人、楽天系(楽天Edyと楽天ペイ)に統一すると簡単運用できます。 決済クレジットカードのに楽天カードを一枚持ち、キャッシュレス支払い口座にすれば1枚で何でも出来て番簡単。スイカとも連動が可能となりました。

楽天ポイントが貰え、支払いとなるため30日以上の後払いが可能 。もし楽天市場を使うのであれば、対象ショップでのクレジットカード決済でお買い物金額の5%が還元されたりもします。

電子クーポンが配布されるので使えます

ランク外

鉄道系カードでは、 Suicaを作ればそれでキャッシュレスも使えるので便利です

ただし、支払いが現金のような運用なので、お得感が全くないのが問題です。 ポイントバックなどのシステムはとにかく複雑で履歴を見るのも大変ですので、シニアの方には難しいでしょう。

まとめ

50歳、60歳代の活躍シニア層が使えるキャッシュレスでは、今回パーコードキャシュレス、NFC支払い方法、クレジットカード JRE スイカ PASMO商品券 プリペイドカードなどを検討しました。

キャシュレスを始めるためには、スマホ、クレジットカードが最低でも必要です。キャシュレスのアプリ使用するため 情報弱者はキャシュレスによるお得な割引取得は難しく、情報格差がつく要因ともなりかねないので 今からでも簡単なキャシュレスにチャレンジしてみましょう!