デジタル遺品とは

デジタル遺品とは

デジタル遺品とは、持ち主が亡くなり遺品となったパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器に残されたデータや、インターネット上の登録情報などです。 従来の紙媒体の通帳・通貨・保険証書などが、電子媒体に移行しいる昨今、急速な勢いで「ネット資産」情報を保持する機会が増えています。ネット資産と呼ばれるオンライン化した資産には、ログインサイト、認証パスワード・ユーザー名などが提供され、これらにアクセスするための情報がデジタル遺品に残されていることになります。

デジタル遺品とは、持ち主が亡くなり遺品となったパソコンやスマートフォンなどのデジタル機器に残されたデータや、インターネット上の登録情報などです

従来の紙媒体の通帳・通貨・保険証書などが、電子媒体に移行しいる昨今、急速な勢いで「ネット資産」情報を保持する機会が増えています。ネット資産と呼ばれるオンライン化した資産には、ログインサイト、認証パスワード・ユーザー名などが提供され、これらにアクセスするための情報がデジタル遺品に残されていることになります。 

主なデジタル遺品の種類

  • 通信(スマホ、iCloudアカウント、Googleアカウント、メール、SNS、ISP、TV、IP電話、電話契約会社)
  • 金融(銀行・証券口座、振込口座、クレジットカード、401Kなどの年金口座、海外投資)
  • 買物 (ネットショッピング、キャッシュレスカード、ポイントカード)
  • ネットサービス(宅配、郵便局、公共料金、音楽、タクシー、子供学校連絡)
  • ソフトウェア(ゲーム、マイクロソフト、Adobe、スマートホーム)
  • 会員(協会、JAF)
  • 旅行(ホテル、飛行機、マイル、レンタカー)
  • 国関連(年金、マイナンバー、健康保険、税金申告)

デジタル遺品とネット資産の違い

遺産相続で重要なのは、遺産(本人の資産)です。この遺産は従来の 1)紙媒体のものと 2)オンライン化された文字・数字:ネット資産 の2つから構成されます。 ネット資産へのアクセス権限を有するデータや登録情報をデジタル遺品はと呼びます。

ネット資産の例

  • 通帳レスの銀行口座
  • ネット証券の資産
  • オンラインで契約されている保険商品
  • 仮想通貨
  • 海外投資
  • その他

ネット資産とは一般に、紙媒体での実態が存在しない資産、もしくは資産そのもの、また所有を証明するもの電子媒体(原本)であるものです

デジタル原本