貧乏シニア VS お金持シニアの教え!

貧乏シニア VS お金持シニアの教え!

日本人口の1/4は65歳リタイヤした時に貯金0(ゼロ)だそうです。一生懸命働いたお金を「貯金する」だけではこの1/4の貧乏シニアです。 残念ながら、お金の習性については、学校や社会では教えてくれません。統計では、日本人の98%以上の人は、お金について真剣に学んだことがないそうです。 定年後のシニアには お金のことは、だれも教えてくれません。 手遅れにならないうちに、お金の基本習性を理解しましょう

シニアの一番の心配ごとは「お金」

日本人口の1/4は65歳リタイヤした時に貯金0(ゼロ)だそうです。一生懸命働いたお金を「貯金する」だけではこの1/4の貧乏シニアです。 残念ながら、お金の習性については、学校や社会では教えてくれません。統計では、日本人の98%以上の人は、お金について真剣に学んだことがないそうです。 定年後のシニアには お金のことは、だれも教えてくれません。 手遅れにならないうちに、お金の基本習性を理解しましょう。

基本1: 収入は3通りだけ

  1. 仕事の収入:高い課税率
  2. ポートフォリオ収入=紙の資産またはキャピタルゲイン:中くらいの課税率
  3. 受動収入= 収入は定期的に発生します:課税ゼロに近い

*より税率が少ない収入を得る人がシニア時代を悠々自適に暮らせる

基本2: E、S、B、I の順序で年を取ること

E(従業員)、S(内職)、B(会社)、I(投資家)の順序で、若いときに就職したら 次のフェーズにシニアになるまでに移行しよう。

■ 投資はお金を生むものだけに投資すること。資産と思い 家や車という 負債を買わない

■ 投資先はその人のプレゼや口ではなく実績で判断するのみ
 ■ 会社を経営したら、税金を払ない方法を積極的に活用 

老後貧乏になる人で、話を聞いてはいけない人
「お金に興味ない」と言う人、仕事を8時間・1日してお金をもらうっている矛盾
だらけの生活で、高学歴・高職歴・社会ステータスが高い人ほど、お金につていは無知

基本3: お金を生む資産にお金を使うのみ

お金を生む資産をよく考えて買物をすること (資産の例)

  1. 株式・債券
  2. 収入を生み出す不動産 (日本国内はダメ)
  3. ネット関連ビジネス(オンライン教育、動画・文書・写真、アフリエイトなど)
  4. 音楽、脚本、特許などの知的財産からのロイヤリティ
  5. 価値があり、収入が得られるか、高く評価され、市場の準備が整っている他のすべて(銀・金・仮想通貨など)

贅沢品(車・家)は、資産からの収益で買うのみ。  最大の資産は自分の知力・努力

趣味の購入はほどほどに! (飲む打つ買うの三拍子はほどほどにしないとシニア貧乏です!)